月極駐車場を探すなら「いえらぶパーク」

これで安心!!任意保険の選び方や加入方法などを徹底解説!!

クルマ社会と言われる現代、一家で2台以上車両を保有している家庭も珍しくありません。
どの家庭でも当たり前に保有している車両ですが、生活に便利な反面、万が一の事故のときにはとんでもない額の賠償をしなければいけないことも起きてしまいます。

このような万が一のときのために自動車保険に加入します。
しかし、補償内容を確認せず金額で決めたり、自賠責保険だけしか保険を掛けなかったりする人がいます。
これは非常にリスクが高いことであるため、任意保険の内容を精査し加入しておきましょう。

■ 本記事では、任意保険の内容を理解していただくため、
自動車保険とは、任意保険の選び方や特約、加入方法などを紹介します。

自動車保険には2種類の保険がある

自動車保険には
「自賠責保険」という強制加入の保険「任意保険」というまさに加入が任意とされている保険があります。
なぜこの2種類の保険が存在しているかというと、自賠責保険だけでは保険として足りない部分が多いからです。

自賠責保険では、どこで加入しても死亡事故3,000万円まで後遺障害4,000万円まで傷害で120万円までしか補償されません。
そのため、上限金額以上の賠償が発生した場合、加害者自ら支払わなければならないのです。
また、示談交渉サービスもないため、被害者との交渉は自らおこないます。

このように保険としてカバーできない範囲が多いため、任意保険で足りない部分をカバーするわけです。

任意保険の内容

自賠責保険は対人賠償しかありませんが、任意保険には多くの基本補償項目があります。

任意保険の基本補償項目は、次のとおりです。

 ● 対人賠償責任保険:事故で他者を死傷させたときの保険で、賠償金額が自賠責保険の限度額を超えたときにその超過分が補償されます
 ● 対物賠償責任保険:事故で車や住宅、ガードレールなど、他者の所有物に損害を与えたときの保険
 ● 人身傷害保険または搭乗者傷害保険:事故で自分や同乗者が死傷したときの保険
 ● 車両保険:事故で自分の車が破損したときやいたずら、盗難被害をうけたときの保険

この基本補償項目の中の対人賠償と対物賠償に関しては、補償無制限を選択するのがよいでしょう。
どちらも場合によっては賠償額が1億円を超えるようなケースもあり、個人では賠償しきれないことを防いでくれます。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険は、同乗者が多い場合には加入するとよいでしょう。
また、車両保険は車両を大切に乗り続けたいという意味合いが強い保険のため、加入するかどうかはその人の考え方次第といえます。

任意保険には特約も付与できる

任意保険には前述した基本補償項目のほかに、特約というサービスを付けることができ、
さまざまなケースに対応することができます。 主な特約は、次のとおりです。

 ● 弁護士費用特約:事故を起こしたときの損害賠償請求をおこなうなどのときの弁護士費用を補償してくれる特約
 ● 個人賠償責任特約:自動車事故以外の日常生活で他者にケガを負わせてしまったとか、物を壊してしまったというときに補償をしてくれる特約
 ● 自転車傷害特約:自動車ではなく、自転車を運転することにより他者にケガをさせてしまった場合などに補償をしてくれる特約

ここで挙げた特約は代表的な特約であり、その他にもさまざまな特約があります。
自分に合った特約が何か確認して必要な特約だけ加入するようにしましょう。
特約に加入することにより、保険料が上がるときがあるため注意が必要です。

任意保険の加入方法

任意保険の加入方法は、代理店型とダイレクト型の2種類に分かれます。 この代理店型とダイレクト型にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、代理店型とダイレクト型を分けて解説します。


■ 代理店型で加入するメリットとデメリット

代理店型で保険に加入するときのメリットは、
代理店担当者から対面など直接でアドバイスを受けられたり、質問できたりすることです。
保険金請求のときにも、代理店担当者にサポートをしてもらえるため、安心して任せることができます。

一方、代理店型のデメリットとしては、
代理店を通して契約することにより代理店手数料が必要になることです。
この代理店手数料は保険料に含まれており、ダイレクト型と比べて、保険料が割高になることが多くあります。


■ ダイレクト型で加入するメリットとデメリット

ダイレクト型のメリットは、
保険料が安いということです。 代理店手数料がかからず、インターネット割引や早期契約割引などさまざまな割引を利用することにより、保険料をより一層安くすることができます。
見積りから契約までの全行程がWEBや郵便物のやりとりで完結するため、忙しい方に合っている保険加入方法です。

一方、ダイレクト型のデメリットとしては、
補償内容を自分で検討し、契約手続きをする必要があることです。
そのため、自分に合った保険かどうかを判断する知識が必要となります。

まとめ

自動車を運転するときには強制的に加入する自賠責保険がありますが、万が一のときに賠償金が保険だけでは支払えないことがあります。
そのため、自賠責保険だけではなく、任意保険に加入することも必須といえます。

任意保険には、基本補償項目や特約などの内容を把握し、自分に合った保険に加入することが大切です。
特に、ダイレクト型で任意保険に加入する場合は、保険についてアドバイスをしてくれる人がいないため、
自分で保険内容を判断する必要があります。

任意保険は自分だけでなく、家族も守るもののため必ず加入し、万が一のときの備えをしっかりとしておきましょう。


会社名:いえらぶパーク
サービス名:QRsign
駐車場管理業務「丸投げ」サービス
月極駐車場の簡単契約サービス【利用者向け】