月極駐車場を探すなら「いえらぶパーク」

駐車場を借りるときに注意すべきポイントを解説!

現代は車社会と言われており、自動車を1家に1台自動車を保有している家庭もあるくらいです。
そして、自動車を保有するとどうしても保管場所が必要になります。
自宅にすべての自動車を保管することができない場合は、駐車場を探さなければなりません。


駐車場を探すときの条件として、自宅から近いという理由だけで駐車場を決めてはいないでしょうか。
実は駐車場を決めるときには、確認すべきポイントが多くあります。

■ 本記事では、駐車場を決めるときに確認すべきポイントを紹介します。

駐車場は屋内なのか屋外なのか

駐車場を決めるときに確認すべきポイントの1つ目は「駐車場は屋内なのか屋外なのか」です。
駐車場は屋外、屋内、屋根だけ付いている場合などがあります。
屋外と屋内・屋根付駐車場とでは確認すべきポイントが違うため、分けて紹介します。


■ 屋外駐車場で確認すべきこと
屋外駐車場で確認すべきことは、駐車場の舗装状態です。
屋外に駐車すると雨ざらしになり、洗車費用などがかかります。
アスファルト舗装や砂利敷きなら良いのですが、土がむき出しの状態だと降雨時に車の汚れの度合いが一気に高まります。青空駐車場は賃料が安いケースもありますが、洗車代が余計にかかることを考慮した上で決める必要があります。

また、場合によってはパンクの危険性も発生します。
駐車場に水たまりができていて水たまりの中にとがった石が隠れているときがあり、それに気付かず水たまりに入ってしまうと、タイヤの状態次第ではパンクしてしまうことがあるからです。


■ 屋内・屋根付き駐車場で確認すべきこと
屋内・屋根付き駐車場で確認すべきことは、車高や車幅、重量です。
屋内・屋根付き駐車場は、車高や車幅によっては入らない、車両が重いと危険な駐車場があります。

特に機械式駐車場や簡単な作りの立体駐車場の場合は、利用できる車両の車高や車幅、重量が決められているケースが多いためあらかじめ確認しておく必要があります。

駐車場の走行路幅や駐車スペース幅

駐車場を決めるときに確認すべきポイントの2つ目は「駐車場の走行路幅や駐車スペース幅」です。

駐車場内の走行路幅や駐車スペースが狭い場合、何度も切り返したりする必要などが出るため、入出庫にストレスが溜まったり、場合によっては事故にもつながります。
そのため、走行路幅や駐車スペースが狭いなどがある場合には「駐車場管理者や大家さんに駐車場に侵入して確認したい」ことを伝えてから、駐車場内に侵入し確認をおこないましょう。

駐車場内の走行路幅などが広くても道から駐車場へ入りづらいケースもあります。
この場合も駐車場管理会社などに連絡したうえで、侵入し入りやすさを確認する必要があります。

また駐車スペースを確認する場合は、車両のドアをどこまで広げることができるのか、隣のスペースの車両が車のドアを開けたときに自分の車に当たらないようなスペースがあるかを確認しましょう。
無用なトラブルを避けるためにも、お互い車両に傷を付けないようなスペースの駐車場を利用することが望ましいと言えます。

駐車場の防犯面

駐車場を決めるときに確認すべきポイントの3つ目は「駐車場の防犯面」です。

誰でも侵入できる駐車場では、車上荒らしや車両盗難に気を付けなければなりません。
そのため、防犯面ですぐれている駐車場を選択することが重要です。防犯カメラは設置されているのか、人通りがあり人からすぐ見える位置に駐車スペースがあるのか、防犯システムはあるのか、夜間電灯が点いている駐車場なのかなどを確認しておく必要があります。

人通りもなく、防犯システムもない駐車場の奥の駐車スペースなどは気を付けておかなければいけません。

駐車場の浸水被害

駐車場を決めるときに確認すべきポイントの4つ目は「駐車場の浸水被害」です。

車は浸水被害に弱く、浸水する可能性がある駐車場は避けなければなりません。
特に浸水被害が多いのは、機械式駐車場です。マンションなどの駐車場は地下を利用する機械式駐車場の場合があり、地下に駐車する場合は、要注意です。

また、青空駐車場だとしても近隣に川がある、駐車場がすり鉢状の底にあるような立地の場合は注意が必要です。

まとめ

車両は保管場所を決めないといけないため、自宅に保管できない場合は会社に保管する、駐車場を探して保管するなどしなければなりません。

駐車場に車両を保管する場合には、駐車場を探すことも多いことでしょう。
このとき、駐車場を探す条件は車両使用者が使いやすい場所、という条件だけで探してはいけません。
車の大きさに合うのか、駐車場内は使い勝手が良いか、防犯対策がしてある駐車場なのか、浸水しない立地なのかなどを確認しておく必要があります。


駐車場を探すときには、いえらぶパークが運営するサービス「ORsign」をご利用ください。駐車場は一戸建てやマンションなどと違い、探しづらい不動産の種別です。しかし「ORsign」は、駐車場に特化したサービスのため、お探しの条件に合った駐車場が見つかる可能性が高まります。

駐車場をお探しの方は、ぜひ「ORsign」をご利用ください。


会社名:いえらぶパーク
サービス名:QRsign
駐車場管理業務「丸投げ」サービス
月極駐車場の簡単契約サービス【利用者向け】